電話占い師になりたい

電話占い師になるには

占い師としてデビューするための方法の一つとして、電話占い師として活動をスタートするというものがあります。
また対面の占い師として活躍されていた方が電話占いの道を選ぶこともあるようです。
具体的にどんな方法で電話占い師になるのでしょうか。
占い,当たる,占い師募集,ピュアリ

占い会社に登録する

応募

電話占いのサイトに求人ページがあれば、そこをよく読んで応募します。
応募フォームが用意されていることもあるので、必要事項を記入して送りましょう。

連絡

占いサービス会社からの連絡があります。
電話で連絡をしてくれる場合がほとんどのようです。
募集条件についての確認などが行われます。

面接・オーディション

実際に電話占いを行って、きちんと鑑定できるかなどの適性を見ます。

合否・契約

数日中に合否がわかります。
オーディションに合格された方は会社と契約を結びます。
この時、HPに掲載するための写真が必要になる場合があります。

デビュー

スタッフと相談してデビュー日程を決め、それに向けて環境を整えていきます。

オーディションを受けよう

占い,当たる,占い師募集,ピュアリ
電話占い師になるためには、サービス会社に応募をして選考オーディションを受けなければいけません。
それはその占い師の先生が確かな腕を持っているかどうか、きちんとお客様に対応できるかどうかを会社自体が見極めることで、より良いサービスにしていくことが重要だからです。
中には選考基準が厳しく、月に数名しか採用しないなんてところもあるようですが、逆に考えると、厳しい選考基準を設けている会社ほどお客様にとって信頼できる占い師が多く在籍しているということであり、それは集客が見込めるという点でも占い師にとっても良い環境であると言えるでしょう。

オーディションって何をするの?

多くの場合は試験官との電話によって、模擬電話占いが行われます。
<恋愛・結婚問題>
<不倫問題>
<転職について>
など、様々な相談内容に合わせてきちんと占うことができるかや、会話力などから合否が判断されるようです。

まずはきちんとした挨拶から

挨拶がしっかりできる方でないと、この人に悩みを話しても大丈夫かな?とお客様に思わせてしまいます。
初対面できちんと対応してもらえないと、自分はこの人にとってどうでもいい存在なのだなと思ってしまうこと、ありますよね。
電話だからこそ、いつもよりはっきりと明るい声で喋ることが大切なんです。

スピーディーに占えるか

電話占いは1分いくらと値段設定されているところが多く、時間にシビアな面があります。
だからこそ占っている間にもたもたしているとお客様に不安を与えてしまいますし、引き伸ばしているのかな?なんて思われてしまいます。
電話占い師を目指す場合は、友人や知人相手に実践を積む際に、電話を使って練習していくことも必要かもしれません。

適切にアドバイスができるか

たとえ占いの腕が確かだとしても、それを言葉にして相手に伝えることが出来なければ良い占い師とは言えないですね。
またアドバイスが出来ても、相手を思いやる言葉をきちんと選べているかも重要です。
スパッと迅速に占ってアドバイスができる占い師の先生でも、人によってはおざなりで冷たい印象を与えてしまうかもしれません。
相手に自分の表情で伝えることが出来ないからこそ、適切な言葉を選んでアドバイスが出来るかどうかは重要なポイントになってきます。

話をちゃんと聞いているか

相談者が質問してきたことに適切にアドバイスをすることは大切ですが、話を勝手に区切って自分ばかりが話すような占い師に、また相談したいと思えるでしょうか。
まずは話をよく聞くことができるか、そしてできれば聞いた話以上に察する力があるか、落ち着いて受け止めることが大切です。
占い,当たる,占い師募集,ピュアリ

電話占い師に求められるのは、占いの腕はもちろん会話力が重要だということがわかりますね。
もちろん余裕をもって会話をするためには占いの腕を磨くことが必要不可欠ですし、たくさんの方を占って経験を積むことが大切です。
これさえあれば必ず合格!という基準こそありませんが、まずはしっかり学んで自分に自信を持つということが、電話占い師になる一歩であることは間違いなさそうです。
Close